プロパー融資のメリットとデメリット

プロパー融資のメリットとデメリット

マルとバツ

資金繰りが苦しくなったときに新たな融資を申し込むことがあります。融資を申し込む対象としては、公的機関、銀行、ノンバンクなどがあります。

 

公的機関から融資を受けようとする場合のメリットは金利が低いということです。金利は公的機関が最も安く、次いで銀行、ノンバンクとなっています。公的機関の融資の場合は、提出書類が多く、審査に時間がかかるので、融資の実行までに時間がかかります。銀行のプロパー融資も審査に時間を必要とし、提出書類も多くなっています。また、普通は申し込みや契約に来店が必要です。

 

銀行には通常のプロパー融資のほかに、ビジネスローンというプロパー融資があります。これは保証人も担保も必要なく、通常の有志に比べると、審査も早くなっています。

 

また、銀行ではプロパー融資以外に信用保証協会保証付き融資というのがありますが、これなら、プロパー融資よりも返済期間を長くすることが可能です。また、信用保証協会の保証があるので銀行としても融資がしやすくまだ業績のない会社でも融資を受けることができます。

 

ただし、信用保証協会の保証付き融資は、信用保証料を支払わなければなりません。また、保証枠の範囲でしか借入れを出来ないというデメリットもあります。

 

ノンバンクのビジネスローンの場合は、審査がゆるく、審査もスピーディーで、即日融資が可能な場合もあります。また、来店不要で申し込みから審査、契約までできるというメリットもあります。ただ、金利は銀行よりも高くなっています。

 

つなぎ融資として消費者金融のフリーキャッシングの申し込みを考える場合もあるかもしれません。無担保で、保証人も必要なく即日融資も可能なので便利ですが、消費者金融の金利は非常に高いので避けるのがベストです。消費者金融からの借り入れがあると、銀行からの借り入れに不利になることもあります。消費者金融から、融資を受けようとするなら必ず専門家にアドバイスをもらうことをお勧めします。