プロパー融資の審査

プロパー融資の審査について

プロパー融資は100%銀行の自己責任で行う融資なので、銀行側としてはリスクが高いので、審査も厳しくなっています。

 

審査にあたっては、必ず「決算書」の提出を求められます。「決算書」の中で非常に重視されるのが税引後の当期利益です。また、現預金残高と流動比率(当座比率)が多いのも審査には有利になります。それから、「貸借対照表」からは、自己資本がどれくらいあるかを分析します。この中で、 出資金や長期の貸付金や長期前払い費用、繰り延べ資産があればそれらを資産から差し引きます。こうして出た数字が実質的な資産、つまり自己資本となります。

 

利益を出しているのに、審査に通らず、融資を受けられなかったという場合は、「貸借対照表」の内容が悪く、純資産が少ないというのが原因となっている場合もあります。

 

また、「損益計算書」をチェックすることにより、税引後当期利益が、借入金元金返済額から減価償却費を引いたものより多くなっていれば審査には有利になります。

 

このようなわけで、プロパー融資の審査に通るには自己資本率を高めることです。自己資本比率は、銀行などの金融機関が「企業格付け」を行う際に最も重視される「項目」のひとつです。

 

笑顔の女性

自己資本が増えるということは企業にとっても有利なことで、自己資本が増えれば、当然、資金繰りが楽になりますし、業績の悪化や入金の不足などが発生した場合にも、自己資本が十分あれば、倒産せずに持ちこたえることができます。ですから、自己資本の充実した会社は潰れにくいと評価され、金融機関としても安心して融資することができます。

 

自己資本を増やすには、出資をしてもらうことと、当然のことながら利益を出すことです。利益を増やすにはしっかりとした経営計画が必要になります。

 

通常のプロパー融資のほかにビジネスローンというプロパー融資もありますが、これも審査のポイントはほぼ同じです。やはり自己資本を増やすことが大切になってきます。